軽トラキャンプ・フェリーの旅計画【太平洋フェリー乗り場を見学】

軽トラでのフェリーの旅を夢見て計画をしていましたが、今回はフェリー乗り場を見学してきました。

↓↓↓前回までの記事↓↓↓

軽トラキャンプ・フェリーの旅計画、後編

太平洋フェリー乗り場

  • 周辺道路
  • 受付、駐車場
  • フェリー乗り場

周辺道路

周辺道路

受付、駐車場

受付

フェリー乗り場

乗り場

 今回は下見ということで旅行気分に浸ってきました。やっぱり実際に見てみると、ますますフェリーに乗船して旅を満喫してみたくなります。夢だけに終わらせないように計画してみようと思います。

太平洋フェリー2泊3日で名古屋から苫小牧への旅シュミレーション

公式HPで見つけたスケジュールがあったので、計画の1つに加えてみようと思います。

フェリー「いしかり」2泊3日で名古屋から苫小牧への旅のシュミレーションです。

自分なりのアレンジを少し加えて計画をしてみました。

シュミレーション1日目

17:30乗船
フェリー乗船

乗船するとすぐに、3層吹き抜けの豪華なエントランスロビーが広がり感動!

乗船のお手続きはお早めに。。。

車なしの場合(人だけ)

60分前までに乗船手続き、ターミナルビル2F乗船口からの乗船

車ありの場合

苫小牧発は出港の120分前、仙台、名古屋発は出港の90分前までに受付

18:00レストラン
最初の夕食

レストランは出港の1時間前にオープン。四季折々の料理に舌鼓を打つ。太平洋フェリーオリジナルワインとの相性も抜群!

ディナーバイキングは2,100円(1,200)、モーニングバイキングは1,100円(800)、ランチバイキングは1,100円(800)。※()内は小人料金。未就学児のお子様は無料

2泊3日のうちすべての食事を取ると、5食(往復10食)です。最初の食事はお弁当でもいいかも。

20:00展望大浴場
お風呂で疲れを癒す

思い切り手足を伸ばせるジャグジーも完備。旅の疲れを癒そう。

一番の楽しみは展望大浴場。これは譲れません!

展望大浴場は入港の30分前を除き、いつでもご入浴可能。水平線から登る朝陽や雄大な太平洋といった絶景を堪能できます。

シュミレーション2日目

5:00スカイデッキ
水平線から昇る朝陽

日の出の時間に合わせスカイデッキに上がり、水平線から昇る朝陽を眺める。

フェリー旅行の2番目の楽しみ。甲板で海を眺めること。往復でチャンスは4回あるので1度くらいは朝日を眺めてみたいです。

8:00モーニングコーヒー
海を眺めながらコーヒーを飲む

朝食はスタンドでモーニングセット。朝の光を全身に浴びコーヒーを味わう。至福のひと時。

これは自分の計画には無かったので、必ず取り入れたいと思います。朝日を見ながらコーヒー、贅沢すぎます。

10:00展望通路
展望通路で読書

展望通路に腰を下ろし、持参したお気に入りの本を楽しむ。 静かな時の流れのおかげで、読書もはかどる。

どんな本をもっていこうか。スマホばかりの日常から離れてゆっくりしたいと思います。

14:30スカイデッキ
すれ違い

名古屋~仙台間で見られる太平洋フェリー姉妹船の「すれ違い」は必見!大型フェリーどうしがかなり近い距離をすれ違うので迫力満点!

これは迫力があって見ごたえもありそうです。絶対に時間と場所を間違えないように要注意です!

16:40仙台港
仙台港入港

名古屋⇔苫小牧間で乗船の方は、約2時間程度仙台港周辺を観光できます。

これは迷います。フェリーを少しでも堪能したいし、仙台観光もいいし、どうしようかな。

21:30スカイデッキ

夜の闇に浮かぶ遠くの街の明かり。遮るものがない船上から見上げる星空。

星がきれいに見えそう。夜の海に落ちないように注意ですね。

シュミレーション3日目

9:00ショップコーナー
乗船記念品を購入

船旅も残りわずか。乗船の記念に太平洋フェリーオリジナルグッズを。

お土産を買いたいけど、到着後の事もあるので控えめに。帰りの航路ではたくさん買います。

11:00下船
苫小牧港入港

いよいよ下船。北海道満喫の旅へ。

苫小牧フェリーターミナルに到着。下船後の事はまた次回考えます。

太平洋フェリーHPより参照

公式シュミレーションを少し変更して楽しそうなものをピックアップしました。

中止しているイベントは省いてあります

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


アウトドアランキング